Hulu

Huluオリジナルドラマ「雨が降ると君は優しい」公式サイト

映像化不可能と目されていた小説を初実写化した尾野真千子主演のサイコサスペンス『フジコ』(’15)、ハリウッド監督が製作総指揮を務めた渡辺麻友(AKB48)×宮脇咲良(HKT48)のW主演ホラーサスペンス『CROW’S BLOOD』(’16)、そして日米同時配信もされて高評価を得た小栗旬主演のクライムサスペンス『代償』(’16)――。“地上波のドラマでは決して味わえない、刺激的で心に響く物語”を次々と制作して視聴者をうならせてきたHuluが、この秋、最新オリジナル連続ドラマ『雨が降ると君は優しい』を世に放つ! 脚本を務めるのは鬼才・野島伸司。『高校教師』(’93)、『家なき子』(’94)を始め、数多くの衝撃作を生み出して社会現象を巻き起こしてきた野島が、Huluと初タッグを組む!
『雨が降ると君は優しい』は、野島が「本当に描きたいドラマ」を形にするべく、3年もの歳月をかけて丁寧に紡ぎ出した作品だ。この渾身の最新作の題材として野島が選んだのは、“男女の間に横たわる究極のカセ”…地上波作品では描くことが極めて困難な「セックス依存症」!その呼称と症状から好奇の目で見られがちだが、実は「性嗜好障害」という病気の一つで、患者ひとりの力では到底抗えない深刻な心のエラーである。本作で野島は、心から愛し合いながらも“妻のセックス依存症”という究極の試練を与えられた新婚夫婦を中心に、“心の闇を抱えた男女らの愛と憎しみが交錯する群像劇”を描写した。心のひだをすくい取る繊細さ、胸をえぐる鋭さを、すべてを包み込むような詩的で優しい描写と巧みに共鳴させながら、観る者を、狂おしくも切ない愛の世界へといざなう――。

主人公・立木信夫を演じるのは、連続ドラマ『薔薇のない花屋』(’08)以来、野島作品への挑戦は2度目となる玉山鉄二。実力派がひしめきあう30代俳優の中でも、その精細な演技が群を抜く、目が離せない存在だ。NHK連続テレビ小説『マッサン』(’14~’15)では“ストレートな夫婦の純愛”を演じ切り、世の喝采を浴びた。彼が今作では、まったく違う形の純愛を表現する! 玉山が今回演じるのは、一途に愛する妻がセックス依存症だと知り、計り知れない苦悩にさいなまれていく夫。その身を切られるような精神状態、愛という名の両刃の剣の痛みは、玉山をもってしても表現に腐心することは想像に難くない。そんな難役に、覚悟をもって挑む玉山。魂の叫びとも言えるその演技は、確かな愛を求める女性たちの心を捕まえて離さないだろう。
そして、信夫の妻・立木彩を演じるのは、佐々木希。野島作品への挑戦は今回が初となる。今年4月に結婚し新妻となった彼女が、本作でも新婚の妻を演じる! しかも、ただの新妻ではない。今回、彼女に与えられた役どころは…心の底から夫を愛しながらも、不特定多数の男に抱かれずにはいられないセックス依存症の妻!その想像を絶する心理状態を体現するには、深い洞察と理解に基づいた豊かな表現が必要となる。表面的な解釈では太刀打ちできないこの難役を、佐々木はどのようにして自分自身の中に落とし込み、体現していくのか…。初共演となる玉山と痺れるような感情を通わせ合いながら、佐々木は、身も心も捧げる演技で、女優としての新境地を切り拓いていく!※「セックス依存症」という言葉は俗語であり、正式には「性嗜好障害」という病名になります。

心から愛し合いながらも“妻のセックス依存症性(性嗜好障害の一つ)”という究極の試練を与えられた新婚夫婦、立木信夫(玉山鉄二)と立木彩(佐々木希)を中心に、“心の闇を抱えた男女らの愛と憎しみが交錯する群像劇”を切なく鋭く描く『雨が降ると君は優しい』。数々の社会現象を巻き起こしてきた鬼才・野島伸司の最新オリジナルドラマとなる本作は、地上波作品では描くことが困難なそのテーマ性も相まって、早くも大きな話題を呼んでいる。この話題作で玉山と佐々木を囲む主要キャストが、このたび情報解禁となった。なんと、『愛しあってるかい!』(’89年)以来28年ぶりに野島作品に挑む陣内孝則をはじめ、木村多江、古谷一行(特別出演)、奥菜恵、笛木優子ら豪華出演者が集結! “上質かつ深遠な大人の群像劇”である本作にふさわしい、十全なキャリアと実力を誇る顔ぶれだ。本作で、陣内は、アルコール依存に陥った文芸誌の編集長・倉田和馬を、木村は、倉田と依存症の治療を発端に恋人関係にあって彩のカウンセリングを担当する臨床心理士・小早川志保を、奥菜は、公私ともに親しい関係にある信夫と彩にも言えない秘密を抱えるファッション誌編集長・新城玲子を、笛木は、最後に視聴者をあっと驚かせる謎めいた流行作家・雫石奈美を、そして古谷は、女性編集者を次々と食い物にしてきたと噂される怪しげな大物作家・小野田史郎を演じる。いずれも一筋縄ではいかない役どころだ。彼らは皆その感性を研ぎ澄まさせ、繊細かつ深みある演技で、“人には言えない秘密や心の闇を抱えた男女”を見事に立体化! 彼らの存在によって、物語が進むにつれ奥行きを増していく大人の群像劇から目が離せない!
信夫と彩の夫婦を取り巻く個性的な登場人物たちによって、物語は、予想しえない衝撃の展開へと深化していく。
すべてのキャストが複雑に絡み合い、愛と憎しみが交錯する野島伸司ワールドとなって炸裂する!

    配信中
    出版社に勤める立木信夫(玉山鉄二)は、上司の倉田和馬(陣内孝則)から創刊を控えた月刊文芸誌『ストーリーファイル』の副編集長に任じられる。多忙を極め郊外に買った家にはなかなか帰れないが、妻の彩(佐々木希)とは深く愛し合い、仲睦まじい夫婦生活を送っていた。だが、彩には信夫には想像もつかない“秘密”があった。彼女はなんと、性嗜好障害の一つである“セックス依存症”に陥っていたのだ! 眩しく晴れた暑い日には抗えない衝動を覚え、不特定多数の男と肉体関係を持ってしまう彩…。信夫を心から愛するがゆえに、そんな自分に激しい嫌悪感を覚え苦しむ彼女は、意を決して著名なカウンセラー・小早川志保(木村多江)のもとを訪れる。彩は信夫には内緒で、なんとか障害を克服しようとするのだが…。
    配信中
    立木彩(佐々木希)は夫・信夫(玉山鉄二)を深く愛しながらも、またも抗えない衝動を覚え、出会い系サイトで知り合った男と待ち合わせる。ところが顔を合わせた瞬間、2人は互いに言葉を失う。あろうことか、男は信夫の同僚・望月俊介(吉田ウーロン太)だったのだ! 彩は動揺し、思わずその場から逃げ出してしまい…。望月はたまらず、信夫と彩を知る同僚たちにこっそり、どう対処すべきか相談する。しかし、これが後に、とんでもない事態を招いてしまう。
    一方、彩は過去に出会い系サイトで会った男に待ち伏せされ、改めて関係を迫られる…。
    そして、信夫を地獄に突き落すような事件が起こってしまう――!
    配信中
    一度限りの肉体関係を持った男につきまとわれ、襲われそうになった妻・彩(佐々木希)を、間一髪で救出した立木信夫(玉山鉄二)。愛してやまない妻が、自分以外の男と関係を持っていた――。あるわけがないと信じていた残酷な事実を、突きつけられた信夫は、激しいショックを受ける。だが、彼は圧倒的な自己抑制でこみ上げる感情をひた隠し、冷静な素振りで彩と接し続ける…。彩から一部始終を聞いたカウンセラーの小早川志保(木村多江)は信夫の対応に面食らいながらも、彼が離婚話を切り出す可能性を告げる。ところが、彩からは意外な答えが返ってきて…。
    その夜、彩は信夫に、自分がセックス依存症で苦しんでいることを打ち明けようとする。だが、信夫はその言葉を遮り続けて…!?
    配信中
    立木信夫(玉山鉄二)は妻・彩(佐々木希)とともに、小早川志保(木村多江)のカウンセリングを受けることを決意する。専門家である志保が、彩はセックス依存症だと診断していると知った信夫は、「病気なら仕方ない」と安堵の笑みを浮かべて、志保を驚かせる。だが、その言葉とは裏腹に、帰宅した信夫はいつものようには彩を抱くことができず…。
    そんな折、親身になってくれるファッション誌の編集長・新城玲子(奥菜恵)の勧めでモデル活動を再開した彩は、撮影現場へ。ところが、そこでとんでもない事件が起こってしまう!
    一方、信夫は編集部の後輩・平川百合(奈緒)と一緒にバーへ。すっかり酔っ払ってしまった百合を介抱し、一人暮らしの家まで送り届けるが…!?
    9月30日(土)配信開始
    セックス依存症の妻・彩(佐々木希)がまたも他の男と関係を持ったと知った立木信夫(玉山鉄二)は思わずカッとなり、彩に暴力を振るってしまう。我に返り、ひどく後悔した信夫は、カウンセラー・小早川志保(木村多江)にその苦悩を告白する。アルコール依存症を克服できない恋人・倉田和馬(陣内孝則)に失望や怒りを感じてしまうことがある志保は信夫に理解を示し、彩とは少し離れた方がいい、と助言する。だが、この一言が信夫と彩の夫婦関係を揺るがす事態へと発展する…!?
    一方、大物作家・小野田史郎(古谷一行)に気に入られあやしげな関係になった新人編集者・平川百合(奈緒)は、自殺した母と小野田の“知られざる関係性”を確信し、小野田にある申し出をする――。
    9月30日(土)配信開始
     妻・彩(佐々木希)が実家に戻ってしまった。立木信夫(玉山鉄二)は彩と話をしたいが、彩の父・加藤芳丈(升毅)と母・凪子(岡田奈々)は、信夫が暴力を振るったと断固娘との面会を拒否する。だが信夫は、暴力のきっかけが彩の不特定な男関係にあるとは、どうしても言えずに…。一方、彩に催眠療法を施したカウンセラー・小早川志保(木村多江)は、記憶から葬り去られていた彼女の”辛い過去”を掘り起こす。
    妊娠がわかった彩はそれが信夫の子だと確信するが、事実を隠して夫に離婚を切り出す。愛する妻の決断に激しく動揺する信夫。志保はそんな彼に、“別れを受け入れるべき”と強く促す…。
    その頃、信夫の後輩・平川百合(奈緒)は、亡き母が家庭を捨ててまで大物作家・小野田史郎(古谷一行)に心酔した想いを理解し、同じように、自らも小野田に尊敬のまなざしを向けていく…!?

月刊文芸誌『ストーリーファイル』の副編集長。かつては小説家を目指していたが挫折し、書籍編集者となった。真面目な性格で、一度決めたことや約束を守りぬく誠実な男。どんな過酷な状況下に置かれても穏やかな笑顔を絶やさない。妻・彩を心から愛し、大切に思っている。ところがある日、彩が不特定多数の男と肉体関係を持ってしまう「セックス依存症」だと知ることに…! この残酷な事実を知っても彩への愛は決して揺るがず、それゆえに、計り知れない苦悩の渦に巻き込まれていく…。
信夫の妻。もとは女性誌で読者モデルをしていたが、結婚後は、老人ホームの介護助手をしている。少女の可憐さをにじませる美人。信夫を心から愛している。夫の愛も日々実感しており、家庭生活に不満は何ひとつない。だが、実はセックス依存症に陥っており、なぜか眩しく晴れた日には抗えない衝動を覚えて、見知らぬ男と肉体関係を持ってしまう。もちろん、信夫にはその事実をひた隠しにしてきた。ところが、ある出来事からその秘密が夫の知るところとなり、激しい苦悩と呵責にさいなまれていく…。
信夫の同期の同僚で、ファッション誌の編集長。信夫のよき相談相手。読者モデル時代の彩とも交流があり、立木夫婦とは近しい関係にある。だが実は、信夫と彩にも決して言えない秘密を隠し持っており…。
ヒット作を連発する女性作家。長くサスペンスや事件ものを書いてきたが、40歳を前にして初めて恋愛ものを手掛けた。彼女も重大な秘密を抱えている。
大物作家。純愛小説を多く手がけてかつて一時代を築いたが、今やブームも過ぎ去り、業界でもオワコンと囁かれている。女性編集者を次々と食い物にしてきたとの噂も絶えない男。自分の新しい担当編集となった新人・平川百合の上司である倉田和馬との間に、根深い確執、因縁がある。
メンタルクリニックを開業しているカウンセラー。テレビ出演や講演会も多数こなす著名人。彩のカウンセリングを引き受けるが、困難を極める治療に苦戦する。頭脳明晰でクールに見えるが、実は心の闇を誘発しそうな秘密を抱えている。彩の夫・信夫の圧倒的な自己抑制に興味を覚えていく。
『ストーリーファイル』の編集長。仕事においては、先見の明があって強引なやり方も厭わず、カリスマ編集者として名を馳せている。プライベートは謎に包まれているが、実は心に大きな闇を抱えており、それが原因で長きにわたりアルコール依存症に陥っている。志保とは依存の治療がきっかけで知り合い、現在、恋人関係にある。

野島さんの作品には、子供の頃からたくさんの影響を受けてきました。ですが以前、野島さんが手がけられた作品に出演したとき、すごく悔しい思いをしました。そんなこともあり、今回のお話を頂いた時は「ここでいいものが出来たら、また違った景色が見えるのではないか」と意気込み、二つ返事で飛びつきました。
実を言うと、今回の台本を初めて読んだときは深く理解することができませんでした。でも、もっともっと深く掘り下げたいと思い、野島さんやスタッフの方々と食事に行った時も「一字一句聞き逃すまい」と、話にアンテナを張り巡らせるあまり、何ひとつ食べなかったほどです(笑)。このドラマは昔のフランス映画のように、“観る人によって感じ方が違う愛の表現”を織り込んだ作品。僕が間違った方向に捉えていたらどうしよう…と、クランクインするまでは毎日が恐怖でした。ですが、実際に信夫を体に入れ、先入観やセオリーといった雑念をそぎ落としながら演じていくと、徐々にベースと方向性が見えてきました。恋愛モノは過去にあまりやったことがないので、女優さんとずっと目を合わせることに気恥ずかしさを感じる部分もありますが(笑)、今は何よりも“信夫として抱く感情”を大事にしながら撮影に臨んでいます。役者としての居心地はすごくいいです!
 このドラマはディープな愛を描いています。日本の社会には「愛が優先順位の一番上に来る大人は、子どもじみている」という先入観が根付いていますが、誰しも「なぜ愛が一番だとダメなんだろう?」と感じることがあるだろうし、「信夫と彩のような愛を体感はせずとも覗いてみたい」という感覚を持っているはず。そんな方々にぜひ、ディープな愛を疑似体験していただきたいです。
野島さんの作品は重いテーマを扱いながらも、とても純粋で、それゆえに切なくて…。いつもキュンキュンしながら観ていました。今回の作品も、本当に純粋で、とってもとっても深い愛を描いたラブストーリーです。今回は夫婦が性嗜好障害をどう受け入れ、どんな道を選んでいくのかを描く物語。登場人物それぞれが、周囲の人たちも含めて、のちのち点と点がつながっていきますし、ビックリするような展開の連続です。私自身も台本を読みながら、早く次が読みたくて仕方なかったほど、引き込まれました!
私が演じる彩は性嗜好障害を患っていますが、夫のノブちゃんを心の底から愛している女性。自分ではどうしようもない分、ものすごい罪悪感に苛まれ、自分自身を嫌いになる瞬間もあるからこそ、ノブちゃんの前では“いい妻”であろうとします。私にはそんな彩が純粋で儚い女性に思えて、愛おしくなりました。だからこそ彩を演じていると、日々つらい気持ちになります。
その一方で、このような女性を演じるのは初めてなので「すごい挑戦だな」とやりがいを感じますし、女優として新しい扉が開けている気もしています。というのも、撮影中は泣かなくてもいい場面で泣けてきたり、ノブちゃんと眠るシーンで心から安心して、本当に寝そうになってしまったり…(笑)。すごく優しい玉山さんに引っ張っていただいているおかげもあって、自分でも「こんな感情になるんだ!」という新発見がたくさんあります。特に、症状が出たときや、カウンセリングを受けているときの彩は感情が定まらないので、演じ方がすごく難しいですが、「すごくいい経験をさせていただいているな」と感じています。撮影はまだまだ続きますが、彩は精神力も体力も必要となる役どころなので、最後まで集中力を切らさず、思いっきり楽しみたいと思います。
これまで視聴者として野島伸司先生の作品を見てきたけれど、まさか自分が参加できるとは思ってもいませんでした。出演が決まったときは夢のようで、うれしかったです。
私が演じる志保は、非常に理性的で理知的だけど、感情をコントロールできません。そんな人間臭さが魅力的な人だと思います。ですから、常に客観性を持っている人が、主観的に壊れてしまう自分との間でもがいている、揺れや苦しみを出すことを意識して演じました。
野島先生の作品の文学的とも言える言葉と空気感、スリルとファンタジーの世界観を、楽しんでいただけたら何よりです。
『愛しあってるかい!』以来、28年ぶりに野島伸司先生に声を掛けていただけるとは…!オファーがきた時は驚きましたし、嬉しかったです。しかも、授かった役は“心の闇”というウィークポイントを持つ半面、ともすれば人生を侵されてしまいそうな“危険な色気”のある男。この役を全うするため、多少痩せて、現場に臨みました。
人間誰しもが大なり小なり抱える“心の闇との葛藤”、人間だれしもが持つ“心の弱さ”が生み出す“依存症”という病…。それらを通して、人としての在り様を問うストーリーこそが、この作品の魅力ではないでしょうか。こんなにも面白く、魅力的な作品に参加させて頂き感謝しております。ストーリーそのものがみどころ!ぜひ最後までご覧ください。
夫婦のラブストーリーを描こうと思いましたが、昨今流行りの浮気や不倫のドラマは私には興味がありません。“妻のセックス依存に対する罪悪感”、“夫の理解しようとする葛藤”という、心と身体の二律背反を描くことで、夫婦の愛の絆を試す極限状態の磁場を敷きました。
今回は芝居だけで寄せるにはハードルが高い役どころなので、役者には演技力はもとより、本人そのものにキャラクターとリンクする精神性を求めました。玉山くんの誠実でストイックなまでに完璧主義な性格は、信夫の“理解しえない妻の心の病に寄り添う絶望的な包容力”に哀愁を連れてきます。佐々木さんの純粋で美しい少女性は、彩の“罪悪感を持ちながらもどこかあどけない欠落感”に郷愁をもたらしてくれるでしょう。
私の中にいる作家は、極限状態に置かれた人間の本質を描きたがります。その極限状態自体が、地上波ドラマではコンプライアンス云々と言われてしまう時代に、Huluが「ここなら描いていいよ」と言ってくれて、とても感謝しています。ソフトとして、最高峰のものを視聴者に捧げたいです。

  • (脚本)野島伸司
  • (音楽)太田惠資
  • (主題歌)「We're All Alone」ボズ・スキャッグス(Sony Music Japan International)
  • (演出)大塚恭司、岩﨑マリエ、松原浩
  • (エグゼクティブプロデューサー)長澤一史(Hulu) 毛利忍(Hulu)
  • (企画・プロデュース)松原浩(AX‐ON)
  • (プロデューサー)西原宗実(Hulu) 岩崎広樹(Hulu) 大森美孝(AX‐ON)
  • (制作)AX‐ON
  • (製作著作)HJホールディングス